無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

嫉妬心から
リクエスト的なこと言われたんで
とりあえず作ろってノリで書きましたあ。

みんなヤって欲しいんだね?←

学校が始まってしまったよみんな。

じんテオ最高だねもう書いてて幸せ(´◉౪◉`)
それでも私はやっぱりテオじん派。

なぜかテンションがおかしいので
長くなってまする。
お気をつけてくだされ。
--------------------

【じん×テオ】

じんたん目線

※付き合ってない

※じんたんは自分の気持ちに気づいてます
--------------------
じんたん
テオくん
テオくん
…っ聞こえちゃ、う……
じんたん
こっち向いてよ
テオくん
っ…じんたん………
じんたん
…やっぱ可愛い
--------------------

今日は俺とテオくんとみやで
遊園地に行く予定だ。

3人で遊ぶのは久しぶりで
ワクワクしていた。

…反面、テオくんと2人で行きたいような…
そんな気もしていた。
俺は支度をして
家から出た。

少しの不安を抱えながら………
--------------------
テオくん
あ!
じんたんこっちこっち!
みやかわくん
テオくんはしゃぎすぎww

テオくんが向こうの方で
腕をブンブン振り回している。

…のを止めるみや。
じんたん
2人とも
もう着いてたんだ?
みやかわくん
そう
一緒に来た

(一緒に来た…?)


………ダメだ、みやにまで嫉妬してしまう。

この気持ちを早く吹っ切らなきゃ。
テオくん
はやく行こーよ!!
まずあれ乗りたい!

いつもよりテンションが高い。

俺と2人でディズニー行ったときよりも……
みやかわくん
えっ……あれ乗るの?

テオくんが指差したところには
ジェットコースターがあった。

みやは苦手だったっけ?
じんたん
じゃあテオくん
俺と一緒に乗ろ

なぜか"一緒に"を強調してしまう。

やっぱり吹っ切れそうにないな。
--------------------
テオくん
ここってジェットコースターが
めちゃくちゃ怖いって有名なんだよw
じんたん
まじかww

それでもテオくんと2人になれるんだったら…

俺はどんな所でも行ける。


──そんな気がして…。
テオくん
あああやばいやばいw
じんたん
テオくんwww

俺はいつの間にか
テオくんの手を握っていた。
--------------------
みやかわくん
2人ともおかえりーwww
じんたん
気持ち悪………
テオくん
次あれがいい!

テオくんはすでに回復しているようで
次のアトラクションの方へ行こうとしている。
みやかわくん
じゃあじんたん休んでてよ
俺行ってくるから

そう言うと
みやとテオくんは行ってしまった。


--------------------


嫌なことばかり頭に浮かんでくる。


(みやとなにしてるかな)

(付き合ってたりとか…しないよな)

(俺邪魔じゃないよな…?)
じんたん
っ………

振り切るかのように首を振った。

目を閉じてなにも考えないようにする。


…それでもテオくんのことを考えてしまう。
--------------------

いつの間にか好きになっていた。

それに気づいたのはもう1年前ぐらい。

それは友情ではなくて
愛情だということも気づいていた。

優しくて
みんなと仲良く出来て
思いやりがあって
いつも笑顔…

俺が持っていないものを持っている、
そんなテオくんを俺は好きになっていた。

もちろん男同士だし相方だし
そんなことは思っちゃダメだ。

それでも
じんたん
…好きなんだよなぁ
テオくん
ん?
じんたんなんか言った?
じんたん
わっ!?
みやかわくん
そんな驚く?w
結構前からここに立ってたけど

結構前から…?

テオくんに聞かれてなければ…
いや、聞かれていても
多分そうゆう意味だとは気づかないだろう。
じんたん
気づかなかったww
ごめん、次どこ行く?
--------------------
みやかわくん
もう暗くなってきたね…
帰る?
テオくん
まだ2人と一緒に居た~い
みやかわくん
ん~じゃあホテル取っちゃう?w
テオくん
やったーー!
じんたん
賛成~
今調べるから待ってて!
--------------------
テオくん
ひろーい

テオくんがベッドの上でゴロゴロした。

(可愛いなぁ)
みやかわくん
先にお風呂入ってくるね~
テオくん
わかった~

テオくんと、やっと2人きり…。
じんたん
…テオくん
テオくん
なに?
じんたん
好きな人とかって…居る?
テオくん
ろあちゃんw
じんたん
待って、真剣に聞いてるの
テオくん
………

テオくんの顔から笑顔が消えた。

少しの沈黙が続いた。
テオくん
俺の好きな人はね…
テオくんがやっと口を開いたと思ったら


























俺の知らない名前が出てきた。
テオくん
1年前ぐらいから付き合ってる子で…
じんたんには言ってなかったけど…

俺は無意識のうちに
テオくんを押し倒していた。
息が出来なくなるくらい深い、深いキスをした。
じんたん
なんで……
なんでだよテオくん………

いつの間にか目からなにかが溢れ出ていた。
それは俺の頬を伝ってテオくんの顔に落ちた。
1年前溜まってきたものが
今、吐き出されていく感覚。

なにが悲しいのか分からなかった。
でも、なにかが悲しくて………
テオくん
じんたん……

テオくんが泣き声に近い声をあげた。
ふと我に返った時には
俺はテオくんのナカに…俺のを入れていた。
じんたん
もう俺抑えらんないわ
--------------------
テオくん
なんで男同士でこんな、こと……
じんたん
テオくんがいけないんだよ…?
ここまで俺を苦しめてきたんだし
テオくん
ダメだよじんた…っん
みやに聞こえちゃう…
じんたん
大丈夫、みや風呂入んの遅いから…
だからさ
じんたん
今夜、テオくんは俺のものね?


~END~

みやかわくん
…………
みやかわくん
(えぇぇぇ!?!?
待って、2人で何してるわけ!?
テオくんの喘ぎ声聞こえてるけど…
やっぱりそうゆう関係だったの!?
俺風呂入んの遅いって言われてるけど
もう入り終わったし………気まずいっ!
いつ出ればいいわけ!?
もうやめてよおぉぉおおぉお(泣))


~END~(2回目)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

カミネ
カミネ
2019/3/5 ⏩ 更新 クラスのカップルがお熱いので!!!! テオじん冷め気味御免!!!! 私がフォローした人の作品のお気に入り全部外しました~お気に入り外してもたまに見に行きますのでご安心を~ 🐴 自己紹介 🐰 ・4月から高校受験生 ・多忙(でもない) 🐴 好き 🐰 【CP】 <スカイピース> ・🐴→🐰 ・🐴×🐰 ・🐰×🐴 <進撃の巨人> ・エレリ ・エルリ ・ジャンエレ(リバ可) <おっさんずラブ>(now推しカプ) ・牧春(リバ可) 【ストーリー】 ・片思い ・バドエン ・暗め ・歌詞小説"風" 《リアルな話は好き》 【性癖(フェチ)】(*ˊᵕˋ*)<暴露しちゃうゾ ・小スカ ・射○管理 ・玩具 ・抜き合い ・骨フェチ(主に手.足首) ・ショタ(小声) ・靴下の長さにこだわりある((キモイ ・受けにはナース服着させたい 🐴 注意 🐰 ・🐢更新&低浮上 ・マニアック性癖 ・自称バドエン勢 ・コメント長文民 ・ただの変態 ・ビックリマーク(!!!)の人 ・クラスの男子にバニーガール着せたりしたい系中学生 ・心臓がズタズタに引き裂かれた気分。 血が滲み出るかのように、この気持ちは汚く綺麗である。鮮やかな赤に1人、目を閉じて横たわる。 声にも嗚咽にもならなかったものが喉から這い出てきた。 頭の中では理解しているつもりなのに、この眼に映っている事実に体を縛り付けられている。 最後まで輝いていたであろう魂は、いつか忘れ去られてそこには何も残らなくなる。虚無。なんと残酷な。私は変わってしまった。汚く、綺麗になってしまった。 もう楽になりたいと心底思っているのに、まだもがき続けるのは本能であり、また、生きたいと心底思っている証拠。 故に心の底とは。 生きようともがき、楽になることを常に望む。 それが私のルール。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る