無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

天使と悪魔
【ラビホーからのホーラビ】

※じんたん目線

※同居中

※めちゃくちゃネタ

※マンガ感覚で見てね

-
ある日俺は…



天使と悪魔が見えるようになった。
頭おかしいって思われるかもしれないけど

俺嘘つかないもん。厨二病じゃないもん。

今だって俺の周りを飛び回っている。


なーんか俺に似てるっていうか…

よくマンガとかアニメに出てくる感じの…

ちっちゃくて…鬱陶しい感じの……


いつから見えるようになったのかは

もう覚えてない。

俺が迷ったときに2人で言い争いするの。

で、勝った方の意見に従う…っていう。

-
じんたん
あ~暇、暇すぎる…

独り言を呟いたら

天使の羽が生えた俺に話しかけられた。
天使
今日は編集しなきゃでしょ!
はやく自分の部屋に向かって!
じんたん
え~編集疲れたもん

俺が愚痴を言うと

今度は悪魔の羽が生えた俺に

ニヤニヤしながら言われた。
悪魔
暇ならオカズ探ししよーぜw
今日は相方でヌくか?ww
じんたん
なんでテオくんなんだよ!
悪魔
だって好きなんだろ?
じんたん
ぐっ………

そうだ、俺はテオくんが好きだ。


理由なんてたくさんありすぎて

ひとつにまとめられないぐらい好き。


もちろんその思いを伝えたことはない。
悪魔
そーだ、今日はその思いを伝えたら?
じんたん
なっ!?
天使
伝えたら……
テオくんが俺から
離れて行っちゃうかもよ?
じんたん
っテオくんに嫌われたくない…

そりゃあ同性愛とかきもい。

あの優しいテオくんだって引くに違いない。
悪魔
そのまま押し倒せば
どーにかなるってww
じんたん
押し倒すとか…俺、力無いし…
天使
とりあえず編集!!

俺は天使に背中を押されて

そのまま部屋に連れてかれた。


俺は大人しく編集し始めたが

テオくんのことで頭がいっぱいだった。
じんたん
勇気があったら言えるんだけどなぁ
悪魔
じゃあ言っちゃえよ

後ろから悪魔が囁いてきた。

これが悪魔の囁き……?
悪魔
全部楽になるぜ?
じんたん
………言おう

俺は催眠がかかったように椅子から立ち上がって

部屋から出た。

丁度テオくんはリビングに居た。
天使
ちょっ、ダメだよ!!
伝えたりしたら……
悪魔
うるせーんだよ
天使
わっ!

悪魔が天使のことを突き放した。

天使がひらひらと床に落ちていくのを横目に

俺はテオくんの隣に座った。
じんたん
ねぇテオくん
テオくん
んん?

テオくんはスマホを見ながら適当に答えた。

悪魔はニヤニヤしている。
じんたん
俺………
悪魔
言え!
好きって言っちゃえ!
天使
ダ、ダメだよっ…言わないで!

天使が悪魔の足を引っ張った。

その拍子に悪魔はバランスを崩して

コテっと転んだ。
じんたん
……
テオくん
なに?

俺はなぜか急に

伝える気が無くなってしまった。

今度は天使が言った。
天使
なんでも無いよって言って!
じんたん
えと……な、んでもない
悪魔
チッ………

悪魔が舌打ちした。


するとテオくんはスマホを置いて

俺の顔を見つめた。
テオくん
俺、自分の中で決着付けたわ
じんたん
え?
テオくん
俺……
テオくん
じんたんのことが…好き、です

テオくんは下を向いた。



え?

テオくんが俺を好き??
天使
えっ………嘘…
じんたん
テ、テオくん?
テオくん
気持ち悪いと思うけど
俺はやっぱりじんたんが好き
じんたん
っ………俺も好き…

目から涙が溢れ出た。

テオくんは俺のことを優しく抱きしめてくれた。

いつもは甘えてくるくせに……

今日はなんだかカッコいいや。
悪魔
あれ?
ハッピーエンドになっちった
テオくん
なに?
ハッピーエンドじゃ悪い?
悪魔
そりゃバドエンの方が……え?
天使
き、聞こえてるっ!?!?
テオくん
最初から見えてたよ?
じんたん
え、マジで!?

テオくんは自分の被ってた帽子で

悪魔を捕まえて
テオくん
ほら

なんて言った。
じんたん
えっ…じゃあ全部…
テオくん
聞いてたよ

テオくんはニヤっと笑った。


悪魔が
好きって言っちゃえ!
とか

天使が
なんでもないよって言って!
とか言ってたのを

全部聞かれてた………だと…?

なにそれ恥ずかしいっ…!

テオくん
ま、俺にもいるもん
じんたん
嘘!俺見えないよ!?
テオくん
ふーん

テオくんはやっと悪魔を解放した

何故か悪魔は汗だくだった。
悪魔
い、嫌な目に会った…
テオくん
とりあえず………
じんたん、俺と付き合ってください
じんたん
………うん!
天使
ふぅ…めでたしめでたし



END……?


-


ほんとによくわかんないね( ˇωˇ )

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

カミネ
カミネ
2019/3/5 ⏩ 更新 クラスのカップルがお熱いので!!!! テオじん冷め気味御免!!!! 私がフォローした人の作品のお気に入り全部外しました~お気に入り外してもたまに見に行きますのでご安心を~ 🐴 自己紹介 🐰 ・4月から高校受験生 ・多忙(でもない) 🐴 好き 🐰 【CP】 <スカイピース> ・🐴→🐰 ・🐴×🐰 ・🐰×🐴 <進撃の巨人> ・エレリ ・エルリ ・ジャンエレ(リバ可) <おっさんずラブ>(now推しカプ) ・牧春(リバ可) 【ストーリー】 ・片思い ・バドエン ・暗め ・歌詞小説"風" 《リアルな話は好き》 【性癖(フェチ)】(*ˊᵕˋ*)<暴露しちゃうゾ ・小スカ ・射○管理 ・玩具 ・抜き合い ・骨フェチ(主に手.足首) ・ショタ(小声) ・靴下の長さにこだわりある((キモイ ・受けにはナース服着させたい 🐴 注意 🐰 ・🐢更新&低浮上 ・マニアック性癖 ・自称バドエン勢 ・コメント長文民 ・ただの変態 ・ビックリマーク(!!!)の人 ・クラスの男子にバニーガール着せたりしたい系中学生 ・心臓がズタズタに引き裂かれた気分。 血が滲み出るかのように、この気持ちは汚く綺麗である。鮮やかな赤に1人、目を閉じて横たわる。 声にも嗚咽にもならなかったものが喉から這い出てきた。 頭の中では理解しているつもりなのに、この眼に映っている事実に体を縛り付けられている。 最後まで輝いていたであろう魂は、いつか忘れ去られてそこには何も残らなくなる。虚無。なんと残酷な。私は変わってしまった。汚く、綺麗になってしまった。 もう楽になりたいと心底思っているのに、まだもがき続けるのは本能であり、また、生きたいと心底思っている証拠。 故に心の底とは。 生きようともがき、楽になることを常に望む。 それが私のルール。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る