無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

天使と悪魔 .
あ、これテオくん目線もあるのよ?←

最後END…?ってハテナつけてるの
みんな突っ込んでくれんかったけどさ、
そーゆー意味だったのよ?(どーゆー意味だよ)

-
【ホーラビ】

※テオくん目線

※前話と同様、めちゃくちゃネタ

※ほんとに狂ってる。

-

ある日俺のベッドに…



ちっちゃい天使と悪魔が寝てた。


マンガとかに出てきそう!

って起こしたんだけど

なんと、俺に似てた。凄ぉーい。


でも思ってたのと違かった。

俺はその2人?2匹?に振り回されてばっかり。


-
テオくん
ねぇ
2人ともなんかしゃべんないの?
天使
俺たちは
俺自身が迷った時にしか
しゃべれないのだー!
テオくん
でも今俺と喋ってんじゃん
天使
おっと、いっけねー

天使の羽が生えた俺は

てへぺろ☆

みたいにべろを出した。


天使のくせに全然天使っぽいことしない。

でも…性格は俺のいい所全部詰めた感じ。

なんか憎めないんだよなー。

テオくん
悪魔くんもおしゃべりしよー
悪魔
いやだ
テオくん
……

逆に悪魔の方は

俺の悪い所を全部詰めたような性格。

俺がoffのときのオーラを放ってる…。

テオくん
荒野行動やろっかな~
悪魔
そんなスマホ弄ってると
視力落ちるよ?
いいの?ねぇ
テオくん
うぅ………
天使
じんたんの可愛い顔が
見れなくなっちまうぞ!
テオくん
あ~それはやだな~
悪魔
ほんとじんたんのこと好きだよな~
……キモい
テオくん
キモい言うなー!

そうだ、俺はじんたんが好きだ。


だけど同性愛なんてこの世界は許してくれない。

じんたんだって

俺のことは相方としか見てないだろう。


でも本当に好きなんだ。

理由はたくさんあるよ?

でも言うときりがなくなっちゃう。

天使
思い伝えてみれば?
テオくん
えー怖いよー
天使
大丈夫だって!
俺なら言えるよ!頑張れ!
テオくん
じゃあ言ってみよっかな…

俺はソファーから立ち上がって

じんたんの部屋のドアを開けようとした。
悪魔
振られるかもよ~……?
テオくん
っ………

ドアノブにかけた手は

開ける気力を失ってドアノブから離れた。


こんな風にいつも2人に振り回されてる。
俺はさっきまで座っていたソファーに

また腰を下ろした。

深いため息を着く。
テオくん
俺……
天使
ちょっと!
悪魔なにやってんだよ!
悪魔
だって怖いじゃん…
じんたんに嫌われるの……
テオくん
…………

俺は……じんたんに嫌われるのが怖い…。


……そうだ、

今俺が見ているこの2人は

俺の気持ちを擬人化しただけなんだ。


気持ちを伝えたい前向きな俺と

じんたんに嫌われるのが怖い後ろ向きな俺。
テオくん
やだな………


ガチャ……


天使
あ、じんたんが部屋から出て……
悪魔
なにアレ……

天使と悪魔の見ている方向を

俺も見てみると



じんたんにも天使と悪魔が着いてた。

しかもじんたんに似てる。

初めて見たぞ……?いつから居たんだろ。
テオくん
(ちょっと隠れてて!)
天使
(わ、わかった)

俺は天使と悪魔が机の下に隠れるのを確認して

じんたんがこっちに向かってくる間に

平静を装った。
じんたん
ねぇテオくん
テオくん
んん?

スマホから少し目をそらして

じんたんに着いている悪魔を見た。

めっちゃニヤニヤしてる。

でもじんたんに似てて可愛いっ…。

じんたん
俺………

じんたんがなにか俺に言おうとした。


……だけど俺は聞いてしまった。


じんたんの悪魔が

好きって言っちゃえ!

って言うのを。

するとさっきまでいなかった天使が

ダメだよ、言わないで!

と言って悪魔の足を引っ張った。


悪魔がコケるのと同時に

じんたんは口を閉じて黙り込んでしまった。
じんたん
……
テオくん
なに?

俺は聞かなかったフリをして

じんたんに聞き直した。


今度は足を引っ張った天使が

なんでも無いよって言って!

と言った。
じんたん
えと……な、んでもない

立ち上がった悪魔が小さく舌打ちした。


あぁ、じんたんも振り回されてるんだ。


俺はじんたんを見つめた。
テオくん
俺、自分の中で決着付けたわ
じんたん
え?

机の下から聞こえる声を

俺は無視して

じんたんに言った。
テオくん
俺……
テオくん
じんたんのことが…好き、です

恥ずかしくなって下を向いた。


えっ………嘘……

と言う声が聞こえた。

多分じんたんの天使。


嘘じゃないよ。

俺は自分の気持ちに正直になったから。
じんたん
テ、テオくん
テオくん
気持ち悪いと思うけど
俺はやっぱりじんたんが好き
じんたん
っ………俺も好き…

じんたんの目から大粒の涙が零れた。

俺はじんたんを抱きしめた。

俺の腕の中で泣くじんたんは愛おしくて…

あれ?
ハッピーエンドになっちった。


なんてじんたんの悪魔が言うから

俺は思わず反論してしまった。
テオくん
なに?
ハッピーエンドじゃ悪い?

そりゃバドエンの方が……え?


なんてじんたんの悪魔は驚いている。

おまけに天使も驚いていた。

じんたんみたいにおっちょこちょいなんだなぁ。
テオくん
最初から見えてたよ?
じんたん
え、マジで!?

今度はじんたんが驚いた。

あたふたしてるのが可愛い。


すると机の下から悪魔が出てきて
悪魔
ちょっとその悪魔捕まえて

と言ったから

俺は被ってた帽子でじんたんの悪魔を捕まえた。

その中に俺の悪魔も一緒に入った。
テオくん
ほら
じんたん
えっ…じゃあ全部…
テオくん
聞いてたよ

俺はニヤッと笑った。

じんたんの顔がぶわっと赤くなる。
テオくん
ま、俺にもいるもん
じんたん
嘘!俺見えないよ!?
テオくん
ふーん

俺は悪魔が入っている帽子を見た。

なーんかもぞもぞしてるなぁ…。


俺はじんたんの悪魔を帽子から出した。


あ~…………

俺の悪魔がじんたんに見えてなくて良かった。

嫌な目に会ったなんて言っちゃってるし…

じんたんの悪魔が可哀想……。

テオくん
とりあえず………
じんたん、俺と付き合ってください
じんたん
………うん!
天使
ふぅ…めでたしめでたし



END.
-


あ、ちなみに

天使と悪魔が見えるようになったのは
お互い自分の気持ちに気づき始めた頃で、

じんたんの天使と悪魔がテオくんに
見えるようになったのは
天使と悪魔の存在の意味に気づいたからです。

はい!語彙力が足りませんね!
(開き直った)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

カミネ
カミネ
2019/3/5 ⏩ 更新 クラスのカップルがお熱いので!!!! テオじん冷め気味御免!!!! 私がフォローした人の作品のお気に入り全部外しました~お気に入り外してもたまに見に行きますのでご安心を~ 🐴 自己紹介 🐰 ・4月から高校受験生 ・多忙(でもない) 🐴 好き 🐰 【CP】 <スカイピース> ・🐴→🐰 ・🐴×🐰 ・🐰×🐴 <進撃の巨人> ・エレリ ・エルリ ・ジャンエレ(リバ可) <おっさんずラブ>(now推しカプ) ・牧春(リバ可) 【ストーリー】 ・片思い ・バドエン ・暗め ・歌詞小説"風" 《リアルな話は好き》 【性癖(フェチ)】(*ˊᵕˋ*)<暴露しちゃうゾ ・小スカ ・射○管理 ・玩具 ・抜き合い ・骨フェチ(主に手.足首) ・ショタ(小声) ・靴下の長さにこだわりある((キモイ ・受けにはナース服着させたい 🐴 注意 🐰 ・🐢更新&低浮上 ・マニアック性癖 ・自称バドエン勢 ・コメント長文民 ・ただの変態 ・ビックリマーク(!!!)の人 ・クラスの男子にバニーガール着せたりしたい系中学生 ・心臓がズタズタに引き裂かれた気分。 血が滲み出るかのように、この気持ちは汚く綺麗である。鮮やかな赤に1人、目を閉じて横たわる。 声にも嗚咽にもならなかったものが喉から這い出てきた。 頭の中では理解しているつもりなのに、この眼に映っている事実に体を縛り付けられている。 最後まで輝いていたであろう魂は、いつか忘れ去られてそこには何も残らなくなる。虚無。なんと残酷な。私は変わってしまった。汚く、綺麗になってしまった。 もう楽になりたいと心底思っているのに、まだもがき続けるのは本能であり、また、生きたいと心底思っている証拠。 故に心の底とは。 生きようともがき、楽になることを常に望む。 それが私のルール。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る