無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

洗脳
- ラビホー - 🐴


(短め)

ゆっくりとその場に飲み込まれていく感覚が、
酷く懐かしかった。

痺れる手足。
耳元の吐息。
朦朧とした意識。
背中に這う快感。

身体中に行き渡る彼の温かさに1人、
目を閉じて浸る。

自分が、彼が、
今ここに存在していることが
なによりも嬉しく、愛おしい。

けれど、幸せというには程遠いものだった。

彼はなぜ、俺の目を見てくれないのか。
好きと言ってくれないのか。
キスをしてくれないのか。

答えは明白だ。

俺の脳みそが受け付けていないだけで、
身体では感じている罪悪感。

自己嫌悪に走る。

そんなの俺らしくない。

傷つけられてばかりの身体は
彼の手のひらの中で転がされているだけ。

それでも彼に身を委ねているのは、
正真正銘、自分自身で。
自分の中で叩き出した答えで。

今この行為が終わってしまえば、
いつもと同じ23時間。

それはそれで幸せな時間。
これはこれで不幸な時間。

まだ終わって欲しくないと、
そう思っているのは俺だけ。

これ以上を望まない。望みたくない。
壊れてしまうのを恐れている俺。
らしくないよな。

どうしてこんなことになってしまったのだろう。

カメラに映っていないところに、
好奇心が湧いてしまった。

彼の知ってはいけない裏側に、
心が動かされてしまった。

いっそのこと、
彼の手で死んでしまいたい。


そんなことを考える俺は、

彼に洗脳されている。

END.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

カミネ
カミネ
2019/3/5 ⏩ 更新 クラスのカップルがお熱いので!!!! テオじん冷め気味御免!!!! 私がフォローした人の作品のお気に入り全部外しました~お気に入り外してもたまに見に行きますのでご安心を~ 🐴 自己紹介 🐰 ・4月から高校受験生 ・多忙(でもない) 🐴 好き 🐰 【CP】 <スカイピース> ・🐴→🐰 ・🐴×🐰 ・🐰×🐴 <進撃の巨人> ・エレリ ・エルリ ・ジャンエレ(リバ可) <おっさんずラブ>(now推しカプ) ・牧春(リバ可) 【ストーリー】 ・片思い ・バドエン ・暗め ・歌詞小説"風" 《リアルな話は好き》 【性癖(フェチ)】(*ˊᵕˋ*)<暴露しちゃうゾ ・小スカ ・射○管理 ・玩具 ・抜き合い ・骨フェチ(主に手.足首) ・ショタ(小声) ・靴下の長さにこだわりある((キモイ ・受けにはナース服着させたい 🐴 注意 🐰 ・🐢更新&低浮上 ・マニアック性癖 ・自称バドエン勢 ・コメント長文民 ・ただの変態 ・ビックリマーク(!!!)の人 ・クラスの男子にバニーガール着せたりしたい系中学生 ・心臓がズタズタに引き裂かれた気分。 血が滲み出るかのように、この気持ちは汚く綺麗である。鮮やかな赤に1人、目を閉じて横たわる。 声にも嗚咽にもならなかったものが喉から這い出てきた。 頭の中では理解しているつもりなのに、この眼に映っている事実に体を縛り付けられている。 最後まで輝いていたであろう魂は、いつか忘れ去られてそこには何も残らなくなる。虚無。なんと残酷な。私は変わってしまった。汚く、綺麗になってしまった。 もう楽になりたいと心底思っているのに、まだもがき続けるのは本能であり、また、生きたいと心底思っている証拠。 故に心の底とは。 生きようともがき、楽になることを常に望む。 それが私のルール。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る