無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

仲間の優しさ
あなたと別れた次の日、レコーディングに行った。

パフォーマーの皆は居なくて、龍友くんだけいた。
おはよ、龍友くん。
俺が言うと龍友くんは吃驚した顔で俺を見ていた。

そして…
龍友くん
涼太…、お前、どうした?
俺は訳が分かんなくて、
何が?
って聞き返した。

すると、
龍友くん
いや、目は腫れてるし、クマできてるし…。

何かあった?
優しく聞いてくれる龍友くんに全部を話した。

その時、パフォーマー組も入ってきた。
亜嵐くん
お疲れ様~!…って涼太!どうしたの!?
メンディーさん
本当だ!なんかあった?
裕太くん
え、どしたの…?
どうしたの…?
玲於
涼太くん…?
皆が、思った以上に心配してくれて、涙が出てきてしまった。