プリ小説
一覧へ

第8話

#8
可愛すぎて 、ムカついたから、
あなたを抱き寄せた後、
あなたの唇を奪ってやった。



なんか、
ファーストキス...
みたいな顔してるから聞いてみたけど、


案の定、ファーストキスだと思ってる。
圭翔
初めてじゃないよ。
あなた

え?

圭翔
俺、毎朝あなたにキスしてるよ。
あなた

ぇぇえええ!?

って、もの凄く照れた顔をして
驚いている。



すると、
あなた

ばか。

って、小さい声で言ってきて、
あなたから、キスしてきた。



驚いたけど、
あなたからして来てくれたのが
嬉しい。




次の日から俺達は
手を繋いで登下校する事にした。



俺達が付き合ってる事は
すぐに知れ渡り、


おめでとう、だとか
お似合いだ、とか
みんな言ってくれた。





でも、みんながみんな
そうじゃなかった。




中には、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

らぶり
らぶり
Hey! Say! JUMP愛ingの JCです!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る