無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

こいつやあいつ
カイSide
あなたをあんな目に合わせた榊田。
許さねぇ。
隣を見ると昨日のことなど無かったかのようにへらへらしているこいつに苛立った。
愛華
ん〜??カイくんどぉしたのぉ💕
カイ
なんも
あームカつく。
愛華
そぉいえばさぁ〜、あなたちゃんってぇ、めっちゃビッチなんだよぉ??
カイ
は?
いやこいつ。
何言ってんの。
愛華
昨日もねぇ、いろんな子に誘ってぇ、ヤってたよぉ〜💕
カイ
愛華
愛華ちゃんと証拠撮ったよぉ〜??
愛華
気持ちよすぎて涙流してんのまぢキモくなぁいー??
カイ
っざけんな!!!
カイ
全部知ってんだよ!!
我慢できずに大声を出すと教室が静かになった。
あぁ、みんなこっちみてる。あなたも。

いやこいつだけ、榊田だけ態度が変わらなかった。
愛華
ちょっとぉ〜、カイくんどぉしたのぉ〜??
こいつ目が笑ってない。
黙って席に着いたら横から小声で
愛華
全部知ってるならいぃや。でもぉ、
この写真バラまいていいのぉ?
愛華
あなたちゃんかわいそぉだよねぇ??
っこいつ!!
愛華
まぁ、バラまかれたくなかったらぁ〜言うこと聞いてねぇ??
カイ
なにを
愛華
それは放課後ねぇ〜??
なんだなんだ、なんなんだ??



あなたSide
カイ
っざけんな!!!
カイ
全部知ってんだよ!!
?!
びっくりした。カイくんが怒鳴ってる。愛華ちゃん…に…??
さっきまで話してたのんも目を丸くして視線をやっている。
愛華
ちょっとぉ〜、カイくんどぉしたのぉ〜??
カイくんは黙って席に着く。
愛華ちゃんは小声で話しかけてて。
カイくん、肩が震えてる。
どうしたんだろ。
~放課後~
カイ
ごめんあなた今日用事あって帰れない。
あなた

あぁ全然いいよ!!

そんなふうに言っちゃったけど、全然いいわけがない。愛華ちゃんとおかしかったし。
やっぱり尾行して着いていくべき…?
それとも教室で待っとくべき…?

1人でもんもんと考えているとれんが声を掛けてきた。
れん
おい。
あなた

っふぇっ?!

れん
心配してんなら俺が見てきてやろーか??
あなた

えぇ!!
いいの!!

れん
おう
れん
おれもあいつムカつく。
あなた

あいつって??

れん
榊田だよ。わかんねえのか??
あなた

いや、はい…。

れん
まぁいーけど、今度奢り。
あなた

ほんとありがと!!

れん
ん!
よかったれんありがたいなぁ。