無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

あいしてる⚠️
れん
あのさぁ
あなた

ん?

れん
そろそろ俺たちやることやろーよ
急に。
びっくりした。
あなた

え、うん。

れん
俺あなたのことすきなんだよ。
今、れんの部屋でふたりで勉強してる。
あなた

いいよ。
あなたもれんのことすきだから。

れんがいきなりキスしてきた。
あなた

んっっ///

れんの腕がのびてきて、
ベッドに押し倒される。
あなた

ひゃぁっ

れん
して、いーんだよな??
あなた

うん。

ふたりはまたキスをした。
れんのが入ってくる。
すごいおおきくて熱い。
あなた

んぅっ…
いたいぃ…

れん
ごめん。やさしくするから。
さらに奥まで入ってくる。
もう私のとこはぬるぬるで
そしてふたりの体温ですごく熱い。
あなた

ひ…

れん
入った。
あなた

ほ、ほんと??

れん
うん…
れん
動くよ。
れんが動いた瞬間快感が走る。
初めてはいたいとか言ってた子もいたけど
私は熱さしか感じない。
あなた

んっ///

あなた

んっ///

あなた

んっ///

れんが動く度に声が漏れる。
動きがだんだん激しくなってきて、
れんは私の胸を触ったりキスしたりしてくる。
れん
あなた、きもちい…
れんの動きはどんどん激しくなって、
私も腰の動きが止まらない。
パンパンと突く音が部屋に響く。
あなた

んぅ!!!
なんか… いっちゃう!!

れん
おれも…
あなた

2人でいこ??

れん
うん
れんはもうこれ以上ないってぐらいに
激しくしてきて私ももう耐えられなくなってきた。
あなた

あっ、ああぁ!///

れん
うっ、うぅ…
れんも私の中でいった。
れんの物が私の中に入ってきて
おなかが熱い。
あなた

うぁ…

れん
ごめん。中だしちゃった。
私の中に収まらなかったれんの物があふれてくる。
れんは蓋をするように、また私の中にいれた。
あなた

んんぅ…
れん、今きつぃ…

れん
知ってる。
でもあなたともう1回したい。