無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

学校
あなた

んー、ねむ…

れん
おはよ!!
あなた

あ、おはよ。

れんとは同じ高校で同じクラス。
だから毎日顔を合わせることになる。
れん
なにあなた、今日テンション低くなーいw
あなた

昨日頑張って予習してたからねむいんだってばw

れん
がんばるねぇーw
れん
てかさ、今日一緒に帰ろ!
あなた

いいよ!

れん
下駄箱でまってるわ!
授業が終わって放課後
あなた

れんー!
かーえーろー!

私は下駄箱の角を曲がった。
あなた

?!

れんが女の子を抱きしめている。
あなた

(な、なんで…?)

言葉が出ずにいたら、その女の子はお礼をして帰っていった。
待たせるのも悪いのでとりあえずれんの所にいく。
あなた

ご、ごめんおくれたぁー(棒)

れん
待ってたぞ!ww
あなた

う、うんごめん!
行こう! (棒)