無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

その後
あなた

はぁ…

れん
きもちよかった??
あなた

うん。

ふたりは何度も抱き合ってキスをする。
あなた

てかさ…、下駄箱で、見ちゃったんだよね。

あなた

あの女の子、だれ??

れん
あー、あれ?
れん
なんかさ、俺告られてw
でもあなたいるから無理っていったら
そーとーショックだったらしくてよろけてたから、思わず抱きとめちゃったw
あなた

あ…

れん
ごめんほんと!
あなた

いや、めっちゃ私勘違いしてたからw

あなた

こっちこそごめん!

れん
ううんw
れん
おかげであなたの新しいとこみれたし♪
あなた

穴があったら入りたい気分だ。
とっても恥ずかしい。
あなた

無言でいたら、れんが抱きしめてきた。
れん
しゃーない!
もうおれはあなたのことしか
抱きませーん!!
あなた

あははっw

ふたりで笑い合った。