無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

お✕ちゃ⚠️
あなた

え…これなに??

れん
なにって、、おもちゃ。
れんは、にんまり笑ってそう言った。
今日は付き合って1ねーん!!
だから、記念日にディズニーにいったんだ!!
帰ろうと思ったんだけど補導時間になっちゃったから、2人でホテルに…。
あなた

よくそんなのあったね…

れん
だってホテルだし?!
れん
ってことで!!
れん
ホテルにいるってことはいいってことでしょ??
あなた

え、だって野宿するわけにいかないじゃん!!

れん
遠慮なくいきまーす😊
れんは私に覆いかぶさってきた。
そしてキスをしてくる。
思わず力が抜けたときに、れんはおもちゃを私の中に入れてきた。
あなた

んぅっ!?

おなかに違和感。
そしてれんが嬉しそうな笑顔で、
スイッチを入れた。
ブブブブブブブブ
あなた

ひゃぁぁあっ

強い刺激が私を襲う。
れん
フフッ
そういうとれんはスイッチを最大にした。
あなた

あぁ、いくぅ!!…

私はいった。
そしてれんが私の中に入っていたおもちゃを抜いて、れんのものをいれた。