無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

転校生
キーンコーンカーンコーン。
今日も騒々しく1日が始まる。
先生
はい、静かに。
今日転校生来るから。入って!
その俯き加減で入ってきた男の子
あなた

うわ〜…
いけめん……

カイ
成瀬カイです。
よろしくお願いします。
『えー?かっこいい♡』
『めっちゃタイプだわww』
教室からそんな声が聞こえてくる。
あなた

席どこいくんだろ…

私の席は窓側の一番後ろ。
隣は空席でほかにも空いている席が2個ある。
先生
んじゃ、席はそこのあなたの隣でいいかな?
あなた、いろいろ教えてやれよ
あなた

はーい

カイ君は歩いてきてドカッと隣に座った。
れん
ちぇ〜
れんがすごい目で見てくる。
あなた

あの…なんでもきいてね??

思い切って話しかけると
カイ
そーさしてもらうわ。
よろしく。
淡々と返された。
嫌な顔されなくてよかった…
その後時間は流れ、放課後に。
『ねぇー!カイくんLINE交換しよ!!』
『私もしてー!』
女子がスマホ片手に席の周りへ集まってきている。
私は帰る準備をしていたけど、誰かのひじが頭に当たった。
あなた

いて…

カイ
だいじょぶ?
あなた

あ、うん、へーき。

なんでだろ…
優しいな…