無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

喧嘩
あなた

おはよ…

カイ
ん、おはよ。
カイ
どしたん?元気ない??
あなた

いやさ…れんと喧嘩しちゃって…

完璧に悪いのは私。
カイ
そか…
んじゃ俺れんにあなたと仲直りしろよって言っとく!!
あなた

えぇ?!
いやいやいいよ!!

カイ
いーのいーの!
あなたには笑っててほしーの!
あなた

わかった…
ありがとカイくん☺️

時間は流れ昼休み…
のんとお昼を屋上で食べて教室に戻ってきたらなんか中が騒がしい。
のん
え?!
なに??
中ではれんとカイくんが大声で言い合いをしていた。
れん
なんなのっ?!
おめーには関係ねーだろーが!!!
カイ
だからってあなたを悲しませんなよっ!!
れん
うっせーよ!!お前になにが分かんだよ!自分はいいよなっ!いっつも自分のこと話してもらえてっ!!
カイ
っ?!
急になにいってんの?!
周りの男子が必死で止めてるけど
どんどん2人はヒートアップしている。
のん
ちょっとあなた!
あいつらあなたのこと話してんじゃん大丈夫?!
えぇ…
そんなこと言われたって
どうしたらいいのー?!
そうこうしてたられんがこちらに気づいて椅子を蹴り上げながらこっちに来た。
れん
なああなた、
今日放課後教室に居て。3人で話そう
あなた

うん…

カイくんも真剣な顔で頷いている。
イヤな予感がするのは私だけだろうか…