無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第26話

調理実習
そして5、6時間目になり。
食物科もあるうちの高校は
家庭科に力を入れている。
今日はおやつとしてパンケーキを作るらしく。
先生
各班始めー
とたんに家庭科室は騒がしくなる。
私ものんと共にいそいそと作り始める。

生地を混ぜてた時、ガチャンという音と愛華ちゃんの高い声が。
愛華
カイくぅーん!
助けてぇ生クリームこぼしちゃったぁ!!!!!!!!
その声でクラスが一瞬静かになり、私も目をやった。
そこにいた愛華ちゃんは、
なんていうかその…
生クリームをエプロンに付けまくって
目は潤んでて
なんだか…()
これでクラスの男子はやられたと思う。ほとんどが顔を真っ赤にしていた。
名前を呼ばれたカイくんも固まってて。

クラスが固まってる中動いたのはのんだった。
のん
榊田さーん大丈夫ー(棒)??
ちゃんとしないと危ないよー(棒)
のんは手際よく愛華ちゃんのエプロンや床に着いた生クリームを布巾で拭き取っていった。
のん
ほらシミになっちゃうといけないからエプロンあらっておいでよー(棒)
愛華
え、あうん…
愛華ちゃんは予測が外れたようであっけに取られながらエプロンを洗いに水道のところまで行った。
愛華ちゃんが家庭科室を出ていくと同時にクラスは普通に騒がしく戻った。
のんは布巾を洗いに私の隣にきて
のん
男子ってほんとばか!
あんな分かりやすい色仕掛けで!
あなた

あれはびっくりした…

でも一瞬焦ったな…
カイくんも固まってたもん…
愛華side
くそ予想が外れた…!
あののんって子も邪魔だなー
でもクラスの男子顔赤くなってたしぃ愛華、結構上手くいってるんじゃない??

まあ邪魔は入ったけど、
あと少し…!
愛華、セックス好きだしぃ、
これを…
あなたside
のん
おぉ!上手くひっくり返せたよ!
あなた

そうそう!そんなかんじでもう1枚やってみてー!

私はホットケーキのひっくり返しに夢中で愛華ちゃんが家庭科室に戻ってきたことに気づかなかった。
なにかしてたのも。