無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

決めた
あなた

よし、決めた。

れん
んで??
あなた

(あんまりエッチ中にキスしてもらったことなかったし…それに…優しかった…)

あなた

私カイくんにする!

そういうとカイくんはほほえんで、
カイ
ありがと。あなたが選んでくれて、嬉しい。
そう言ってくれた。
れんは怒っているのか悲しんでいるのかよく分からない顔をしていた。
カイ
あなた服着て。帰ろ。
あなた

あっ、うん!!

あなた

(これぐらいは言っておかないとな…)

あなた

れん、今までありがとう。あの、れんのこと嫌いになったわけじゃないんだよ??

れん
あぁ、わかってる。成瀬と幸せになれよ。
あなた

うん、ありがとう!

あなた

(よかったずるずる気まずい感じにならなくて。)

私は部屋をカイくんと出た。
れん
(あーあ。何やってんだおれ。幸せにするつもりだったんだけどなぁ…)
いつのまにか涙が出ている。
れん
あ、やべ…
しばらくおれは泣きっぱなしだった。