無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

無理やり⚠️
今日も愛華ちゃんは相変わらず。
(ダジャレじゃないよ!!)
愛華
ねぇ、カイくぅん💕
カイ
あ?
最初はカイくんだけだったけど、転校してきて1週間、今度はれんにもこんな態度で接している。
愛華
れんくんほんとぉかっこいい!💕
れん
どーも。
愛華Side
転校してきて1週間。
LINEで知り合いも増えたし、
これであなたちゃんを社会的に殺すっ!
そしたらカイくんもれんくんも愛華のものにするんだからぁ!!
あなたSide
愛華
ねーねー、あなたちゃん、話したいことがあるんだけど放課後いいかな??
あなた

え、いいよ…

なんだろ…
いくしかないよね…
あなた

どこ行けばいいの??

愛華
うーん、体育館裏!
あなた

うん

そして放課後
カイ
ねぇあなたほんとにいくの?
あなた

いくしかないよ…

カイ
俺教室で待ってる。
終わったらすぐ来て。
あなた

うん。

愛華
あなたちゃ~ん!
はやくぅ!
あなた

あ、いまいくね!

あなた

カイくんごめん待ってて!

カイ
うん!なんかあったらスマホあるから!
あなた

うん!

体育館裏
愛華
あのねーあなたちゃーん
はっきり言っちゃうと邪魔なの。
私あなたちゃんよりも可愛いし、スタイルいいからぁ。うざいんだよねぇ!!
え、急に顔つき変わった。
声も。
愛華
だから、社会的に死んでぇ??
あなた

社会的?

意味わからん…
愛華
じゃーみんなきていーよぉ!!
あなた

え??

そこで来たのが近くの高校の不良生徒。
生徒
愛華やるじゃーん。
生徒
ヤりたい放題。
生徒
こいつ処女かな??
愛華
みんな好きなだけやっちゃって!!
やばい…!
私は逃げようとするけど追いつかれて壁に押し付けられる。
生徒
素直になれよぉー
4人のうちの1人が
キスしようとしてきた。
とっさに顔をそむけたけど、顔にあたる息が気持ち悪い。
涙もにじんでくる。
あなた

やだやめて!!!

必死に叫ぼうとするけど、口を手で塞がれる。
あなた

んーーーー!!

2人に押さえつけられ服を脱がされる。
やだ…
生徒
胸でっけーー!
胸を揉まれる。
やだ、やだ。
愛華
さっさと入れちゃってよ!!
え…
生徒
うぃーす
あっと思った瞬間にあそこに入れられる。
あなた

んっっ…!

他の人のなんて…やだった…
涙が流れる。
なのに体は反応してしまう。
生徒
こいつめっちゃ締まるっ!
そういうと激しく腰を振られた。
絶対っっ絶対っっ絶対っっ

声は出さないっ!!
あなた

ん…ぅ…

パシャッ
なに…?
愛華
これネットにバラまいてやるからぁ〜💕
社会的って!こーゆーこと??
生徒
うっ!イくっ!!
お腹に熱が広がる。
不良生徒が私から抜いたあと私はその場に崩れ落ちてしまった。
生徒
なにーもー限界?
はえぇーよ!!
そういうと私を立たせて他の人のを突っ込まれる。
でも私の体は快感に喜んでいる。

そんな自分も悲しくて涙が止まらなかった。
生徒
こいつ、全然声出さねぇ。
そういうとポケットから錠剤を取り出して私の口に無理やり入れた。
あなた

ん?!

生徒
俗にいう媚薬ってやつよォ。
すぐ効くからな。
か、体が熱いっ
意識もふわふわしてきて、
中で動く度にさっきとは比べ物にならないくらいの快感が押し寄せた。
あなた

んぁっ…!
あぁっ!んんん!!

生徒
感度よくなったわー
これまで以上に奥に刺してくる。
パシャッパシャッパシャッ
愛華ちゃんはいまだに撮り続けてて。
あなた

もぅ…やめて…