無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

帰り
あなた

はぁ…はぁ…

カイ
ごめん。無理させちゃったよね
あなた

んーん。だいじょぶ。

そういうとカイくんは私の髪を触ってきた。
カイ
いい匂いする
そういうとまたハグしてきて
しばらくそのままだった。
あなた

カイくん…
私帰んないとだから…

カイ
あ!ごめん!!
送ってくよ!
そういってカイくんは私のことを送ってくれた。カイくんとのおしゃべりは楽しい。
あなた

じゃあ、明日ね!!

カイ
おう!
カイくんが帰っていく
あなた

なーんかなぁ…

この胸騒ぎはなんだろう。
悪い
予感がする。