無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

恋の邪魔者!?
ある日の出来事
いつものように大好き幼馴染のすばる君と
歩いて居ると優菜が近付いて来ってすばる君にベタベタとボディータッチをするのです
杏はそれを見て優菜に言うのです
杏
優菜ちゃんすばる君と喋るの辞めて?
優菜
はぁ?
あんたさぁすばる君と付き合ったからって調子に乗んないでね?
杏
調子になってないし
優菜
すばる君と別れないと痛い目に会うけどいいの?
杏
……それはいや
優菜
別れないならさぁ
ここで大声でも言おうかな?
すばる君の前でこいつはビッチだってことを
杏
………
優菜
なんも言えない訳?
ビッチなのは真実なんだ
杏
………
優菜
ビッチってバレたくなかったらさぁすばる君と別れるか
もうすばる君に近づかないって誓ってくれる?
杏
別れないでももうすばる君には近づかないって誓うから言わないで
優菜
じゃあさぁとっとと教室行けよ
私とすばる君を二人にしてくれる?
杏
分かった
そしてすばる君に逃げる様に教室に行ってしまい
すばる君は心配になり優菜に聞いた
渋谷すばる
渋谷すばる
なあ優菜ちゃんアイツどうしたん
急に?
優菜
すばる君を嫌いみたいだよ
渋谷すばる
渋谷すばる
そうなん?
優菜
うん
しかも噂なんだけどねぇ
杏ちゃんねぇ色んな人とねぇ遊んだり身体関係とかも持ってるらしいの
こないだも私見ちゃってすばる君の傷つく顔を思い出して教えようか迷ってなかなか伝えらなくて
渋谷すばる
渋谷すばる
そうかァ
ありがとうな
優菜ちゃん
優菜
うんうん
ねぇ私と付き合って?
渋谷すばる
渋谷すばる
ごめん
それは無理や
優菜
なんで?
杏ちゃんがビッチなんだよ
またすばるが傷つくだけだよ
渋谷すばる
渋谷すばる
オレアイツがビッチなのは知っとる
アイツ俺にはそうな事言わへんけどアイツの行動や言葉で分かるから
優菜
私はずっとすばるだけを見てきた
杏ちゃんはすばるを見てないんだよ
辛い恋じゃん
渋谷すばる
渋谷すばる
俺はそれでもええよ
アイツが心開いてくれてオレ愛してくれるならそれで俺は幸せやから
優菜
そうかぁ
すばるはあんな遊びの事を守るのね?
渋谷すばる
渋谷すばる
おん
そして優菜ちゃんの恋が終わり告ようとしていたのです































みんなにアンケート取りたいです
この後杏ちゃんとすばる君と優菜ちゃんの恋どうなって欲しいですか?
どうな風になって行って欲しいかアンケートください