無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

孤立2
優奈が孤立し
すばるも優奈と別れて優奈は1人になり
それかと言うもの
優奈が知ってしまった
全部彩愛がした事だと
その頃彩愛は…友達と話をしていた
女子2
彩愛ってそんなに性格悪かったけ?
女子1(彩愛)
え?え?
だってあいつムカツクじゃん
女子2
まぁそうだよね
アイツとすばるがお似合い分けないしね
お似合いなのは私だし
女子1(彩愛)
いやいや
それは無いでしょ
今と思えばお似合いなのはあの子だし
女子2
ア~
今入院中のあの子ねぇ
女子2
とう言うよりもアイツどんなだけ友達居無いの?
女子1(彩愛)
私が親友だったからね
裏切られたって思ってるんじゃない
その頃すばると菜々美は杏の病院にお見舞いに行ってた
そこには今にも動いて好きな人の名前を呼ぶ可愛い杏が寝ていた
そして何日も杏のそばに居て
ようやく杏が目を覚まし
杏がすばるを抱きしめ
すばるは涙を流し
杏はゆっくりとキスをして
二人は一夜を共にした