無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

あなたは何者…?
私の名前はあなた。

まぁ、親はそこそこお金持ちでそこそこ良いところに住んでいる。

ここまでは良いんだけど…。

問題なのは幼なじみの方。

幼なじみの名前は御司佑(ミシ ユウ)彼のいえもそこそこのお金持ち。

幼なじみとは同い年で小學校から大學まですべて一緒。

私とは違って顔も良いし優しいから同級生には凄くモテてた。
よく女子に「ねぇねぇ、佑君の好きなものとかなに~?」って聞かれたり

バレンタインに凄いチョコもらってきたり

とにかくモテてた。
私たちは大人になり佑は会社に就職していた

私は音楽が好きだったから作詞・作曲・編曲等をしたり作ったりしている

それで作った曲を提供したり自分でも歌ったり。
でも、ある日急に彼に「ねぇ、俺に曲を書いてくれない?」

そういわれた。

正直なにいってるか分からないしなぜそんなことを聴くのか分からなかっ
た。
あなた

えっ?急にどうしたの?

御司佑
えっと…。
あなた

うん?