無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

クラスにあいつが
そんなこんなでAにはあきらめてもらいそうになったときだった。

急に周りの男子と女子が騒ぎ始めた。

耳を傾けると

「あなたが来たよ」

「あなた様っ!可愛いし美しいっ!」

ああ、あなたが廊下にいるのか…。

周りはこんなに騒いでるのにあなたは全然気づかない。

天然というやつ。
あなた

あっ、あの佑いますか?

御司佑
えっ?俺?
まさかあいつが俺を呼ぶなんて思ってなかった
御司佑
どうしたの?
あなた

あのね?今日佑ママが私の家で一緒にご飯食べなさいって…。

御司佑
わかった
あなた

それだけだから。じゃあね?

それだけいうとあなたは去っていった