無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

君がいない教室
太陽とクラスが離れた美羽
美羽
太陽がいないクラスって静かだな...
ゆうと
えっと...席が隣の美羽だよね?
宜しくね!
美羽
あっ!うん宜しくね😄✌
急に話しかけられたからびっくりした...
たしかこの人剣道部だよね...
太陽と仲いいのかな?
美羽
ゆうとって、剣道部?
ゆうと
そうだよ。習ってたんだよね〜
美羽
そうなんだ〜
そこから沈黙が続き、休み時間へ
姫華
ねぇーねぇー
ユウト君かっこよくない???
タイプなんだけどぉぉぉ💓💓
美羽
そう?わたし的にはタイプじゃ無い...
てか1組一緒に来てくれない?太陽と、ななみに映画の話をしたいんだよね
姫華
えーーーーー
4組から遠すぎー
まぁ一組の男子を見に行くと考えればいっか〜💓💓
1組とうちゃくなう
美羽
えっと、ななみと、太陽読んでくれるかな?
あいか
いいよ〜
太陽
なに?映画のこと?
ななみ
映画ねぇ〜男子ほか誰誘う?
美羽
私は太陽と仲のいい人でいいよ〜
という訳で太陽よろ
ななみ
そうだね〜よろよろ〜☆
太陽
えっ...じゃあ
ゆうせでいい?
美羽
いいよ〜
ななみ
おけおけ
美羽
やっぱりつまんないな...
ずっと一緒にいたからきずかなかったけどやっぱりたくさん助けてもらってたな...
さらね
ねーねー
太陽と付き合ってるの〜?(。-∀-)ニヤリ
なんちゃってねw

美羽
そっちはゆうきと付き合ってるくせに
てか変な噂流れるから(。・ˇ_ˇ・。)やめて!
さらね
(´-ι_-`)はぃはぃ。
美羽
うぅ...やっぱりバレてるか...
休み時間終了


なかなか話せなかった...





夜🌜💓🌛
ななみ、太陽、私、ゆうせ
で通話をすることに💓💓





3話へ続く!