無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

悪夢~ナイトメア~



バンッ バンッ
灰原哀
[…っ!!]
江戸川コナン
[灰原ーー!]
灰原哀
[…く…どう…くん…。私のことは良いから…早く…っ]
江戸川コナン
[オメーをここで見捨てて行けるかよっ!!逃げるぞっ!!奴らが来る前に!]
灰原哀
[無理だわ…仮に今逃げ切れたとしても…近いうちに、また私を抹殺しに来るわ…。諦めて早く私を置いて逃げるのよ…]
江戸川コナン
[くそっ!]
(哀ちゃんを背負う)
灰原哀
[…!!何してんのよ!!私を置いてけって言ったでしょ!!]
江戸川コナン
[オレも言っただろ?オメーをここで見捨てることなんて出来ねぇーって。それに、もう、逃げ切れる可能性にかけるしかねーんだよ]
灰原哀
[…そうね。]
ーその瞬間ー
バンッ!!
灰原哀
[っ!!]
江戸川コナン
[灰原!!撃たれたのか!?しっかりしろっ!!]
灰原哀
[今まで…世話になったわね…。]
(パタン)
江戸川コナン
[灰原ぁーーーーーー!!!!!!]




工藤新一
わぁぁぁ!!!

ハァ、ハァ…
夢だったのか。。
工藤新一
とんでもねぇ悪夢だったぜ。
今日も厄介な事件が起きなきゃいいんだが。
ピンポーン…
工藤新一
蘭かー??
毛利蘭
新一!!いつまで寝てたのよ!!
早くしないと学校始まっちゃうわよ!?
工藤新一
ヘイヘイ…。
急ぐからちょっと待ってろ。
毛利蘭
まったくもう!



5分後
工藤新一
待たせたな!
早く行こうぜ!
毛利蘭
うん!
工藤新一
…ってやべ!!
あと5分しかねーじゃん!!
毛利蘭
ええ!!
嘘でしょ!?
工藤新一
蘭!!
学校まで走るぞ!!
毛利蘭
あっ!!
ちょっと待ってよ~!!