無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

発端
~数学の授業中~
毛利蘭
ねぇ、新一?
さっき宮野さんと何を話してたの?
工藤新一
まぁ…ちょっとな。
昔話をしてただけだよ。
毛利蘭
へー。
工藤新一
(わりぃな、蘭。オメーにはいずれ話す…。けど、まだ言えねーな。)
毛利蘭
(新一…何か隠してる…。何で話してくれないの?)
志保
(耳打ち)工藤くん、昼に中庭に来てくれる?
工藤新一
お、おう…。
毛利蘭
(あー、さっきから新一と宮野さんの事が気になって授業に集中出来ないよ…。)
~昼 中庭~
工藤新一
…んだよ宮野。
こんな時に呼び出しやがって。
志保
 あのね~。
最近、妙に蘭さんといちゃいちゃしてるみたいだけど、出来るだけそういうのは避けてくれないかしら?
工藤新一
は?蘭は俺の彼女なんだぜ?
何でオメーにんな事言われなきゃなんねんだよ。
志保
貴方まだ蘭さんに江戸川コナンの正体が自分だって事打ち明けてないのよね!?
そんな状態で彼女にべったりしちゃって。真実を知った時にどうなるか想像をした事が無いのかしら?
工藤新一
。。。
志保
ちょっと人が集まってきたから少し移動しましょう。
工藤新一
…おう。
歩き出した時
志保
キャ!(石につまづく)
工藤新一
おい!(抱きかかえて支える)
大丈夫か?
志保
え、ええ…///
中道
ああーー!!
工藤が浮気してるー!!!
工藤新一
バーロー!!ちげーよ!!
中道
俺この目でちゃんと見ちゃったよー
毛利蘭
…新一。
工藤新一
え、蘭…
毛利蘭
…ごめん!!
私もう帰るね!
先生に早退すること伝えておいて!
工藤新一
え、おい!
蘭ーーーー!!!
志保
…。
中道
あーあ、女房怒らせちゃったな!
毛利のやつ、可哀想に…。
工藤新一
オメーが変なこと騒がなければこんなことにはならなかった!
中道
工藤!
自分のした事そろそろ認めろよ!
工藤新一
…。
志保
あなた達。もうすぐ授業始まるわよ。
工藤新一
…ぉぅ…。