無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

凛花
彩菜
おはよう!
凛花
おはよう!
蒼汰
おはよう!
私たち3人は毎日家の近くの公園で待ち合わせ
して学校まで一緒に行ってる。
私たちは小さいころからの幼なじみだ。
最初はただの幼なじみだと思ったけどいつしか
蒼汰のことが好きになっていた。
蒼汰にちゃんと気持ちを伝えなきゃって思ってる
けどフラレるのが怖くてずっと言えないままだ。
ダメだよねもっと強くならなくちゃ!
蒼汰
今日の一時間目なんだっけ?
彩菜
えーおぼえてないのー?
蒼汰
うん忘れた凛花教えて!
凛花
一時間目は理科だよ
蒼汰
なんだー理科か凛花教えてくれてありがとな!
凛花
はいよ!
実は蒼汰と私は同じクラスになることができたの!
めっちゃ嬉しい!でも彩菜とは同じクラスじゃない😅
同じクラスになりたかったなー
~一時間目~
先生
今日は2人一組で空気の実験するぞ!
今からペアを作ってもらうが今回は男女で作ってくれ
みんな
えー!
先生
今回は、女子と男子でやると実験が早くおわるからだ
理沙
男女でくむんだねやだねー!
凛花
ね!なんでー
先生
それでは今から作ってくれ
あー男女でか蒼汰とくめるかな…
蒼汰
凛花ペアになろー!
凛花
うん!いいよ!
良かった~蒼汰とペアになれた~めっちゃ嬉しい😆
先生
みんなペア作れたか?
これから実験始めるぞ
みんな
はーい
先生
じゃこれから2人で1分間どれだけ空気を
貯められるか実験しどのペアが一番空気が
貯められるか勝負でもあるぞ
凛花
蒼汰これ実験っていうのかなー?
蒼汰
いやいわねぇーだろ
凛花
だよね
蒼汰
ま、頑張ろうぜ!一番になれるようにな
凛花!
凛花
うん!
先生
始めるぞよーいどん!
蒼汰
凛花もうちょっといけるか?
凛花
はいよー蒼汰ももうちょっと
蒼汰
分かった
結果私たちは一番になることができた
一番って言われた時二人でめっちゃ
喜んだ!ハイタッチもした
もし蒼汰の彼女だったらもっと
喜べるのかなって思った
蒼汰~気づいてよw

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yuka
yuka
恋愛系のものを出来ればたくさん書いて 行きたいと思っていますので ぜひ読んで下さい! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る