プリ小説

第42話

Part 42

今回は私の方が早く起きたらしい。
光くんの寝顔…整った顔だと改めて分かる。

私は熱を測るため光くんの隣をこっそりと抜けた。…そして、見事に風邪が治っている。

まだ喉は痛いが、光くんのおかげかな…。

光くんの元へと戻る、まだ起きていなかった光くんの頬に手を添え。

あなた『ありがと(ニコッ)』

そしたら、急に腕を引っ張られベットへと戻される。

光『先輩、治ったんですか? 』

光くんは私を抱きしめながらそういった。

あなた『うん…まだ喉は治ってないみたいだけど、熱はなかったよ? …光くん、いつから起きてたの?』

光『先輩が俺の寝顔見てた時くらいですかね…ほっぺた触られた時は焦りました(あはは)』

起きてたんかいっ。やっぱり不思議な子。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんご@サブ垢
りんご@サブ垢
ヘッ↑( ¨̮ ) Like ♡ジャニーズ : 櫻井翔くん…etc…… ♡HoneyWorks : 春カップル・やきもちカップル・ひなこた ♡すとぷり : 🐈🐁🐐🍓 ♡猫 : ノルウェージャンフォレストキャット・黒猫
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る