プリ小説
一覧へ

第7話

仲間家
マホト
マホト
ただいま~
相馬
相馬
おかえりーって誰?!
あなた

えっと…お邪魔します…

相馬
相馬
え?あ…はい…
サグワ
サグワ
相馬さん?どーしたの?ってえ?
相馬
相馬
ねぇマホト?誰?その子?
あなた

あっ…初めまして…あなたと言います…マホトさんの…えっと…

相馬
相馬
マホトの…?
マホト
マホト
彼女!
あなた

はい?

いや…彼女じゃないし!!
相馬
相馬
え?!うそ!まじ?
サグワ
サグワ
おー!親方おめでとう!!w
あなた

ちょ…彼女じゃnきゃ!

否定しようとしたら

急に背後からマホト君が抱きしめてきた。
マホト
マホト
俺のだから取らないでね?(ニコ)
あなた

ちょっと…待ってよ!私は…

マホト
マホト
うるさい、黙ってろ
耳元で…
私にしか聞こえない声で言われて
私は黙り込む。
サグワ
サグワ
にしても、親方に彼女がいるなんて初めて知ったよ~!
相馬
相馬
彼女ちゃん呼ぶなら事前にいってよね!ごめんね部屋汚くて…
あなた

あ…いえ…大丈夫です…

サグワ
サグワ
じゃ~ほかの人にも報告しにいこー!
相馬
相馬
おー!
無駄にテンションが高い二人…
の人たちの名前…まだ聞いてないのに…
なんて思っていたら二人はリビング?の方に消えていった
マホト
マホト
ほら…とっとと行くぞ
私の手の手を引いてマホトが言う


なんだか…凄く嫌な予感がします…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

T
T
ワタナベマホト へきトラハウス カワグチジン はじめしゃちょー アバンティーズ Fischer's 水溜まりボンド など色々なYouTuberがすきです>_<