無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ある日の夜
すぐに一週間がたってしまい、かずきさんとは会えなくなった。

ある日の夜、私はかずきさんに会えずすごく落ち込んでいた
お姉ちゃん
あなた~!
全然元気ないじゃん!
どうしたの?
あなた

なんでもないよ

お姉ちゃん
何でもなくないでしょ!
どうしたの?相談聞くよ?
あなた

お姉ちゃんには関係ないよ!

お姉ちゃん
自分の妹なんだから関係なくない!
ちゃんと話なさい!!!
あなた

はい...

あなた

実は...
バイトで好きな人ができたの...
自分より年上ですごく優しかった..
だけどね、バイトは一週間でやめたんだ

お姉ちゃん
あなたにもとうとう好きな人ができたか~
その人はなんで一週間でやめたの?
あなた

知らないよ!
はじめから「一週間でやめます」っていってたし
なんか体験じゃないの?

お姉ちゃん
そうだったのか~
つまり、その人に会えてなくて元気がなかったのか
あなた

そっそうだよ!

お姉ちゃん
大丈夫だよ!
いつかまた会えるから!
あなた

会えるかな...

お姉ちゃん
会える!会える!
私だって、中学生の時にね付き合ってた男の子がいたの
あなた

うんうん

お姉ちゃん
でもその男の子は家の事情で引っ越しちゃったの、それでもう会えないって思ってたけど
ついこの前仕事終わりにコンビニよったらばったり会ったんだよ!
あなた

ふーん

お姉ちゃん
そして話してたら、告白されて付き合うことになったの~!!!!!
あなた

えっ?!

お姉ちゃん
今度家に遊びに来てくれるからね!
あなた

えええー!!
急過ぎない?

お姉ちゃん
まあまあしょうがないってことで! 
おやすみ~
あなた

意味わかんないお姉ちゃん!

そして私は寝た

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 `◑ω◐´)
`◑ω◐´)
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る