無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

ももの行方は...
帰りの車。

私の心は 晴れた空とは裏腹に沈みきっていた。
のえる
のえる
もも、ごめん、ごめんね。
ちゃんと桃のこと見てなかったから...
私は 外の景色をずーっと見ていた。
のえる
のえる
あ、あれって... もも? 
のえる
のえる
お母さんももだよ?!
もも!
私は見つけたのだ。ももを。
お母さん
ほんとだ!
でも... あの人は誰なの。