プリ小説

第29話

密告書:18枚目
飛ばして、修了式


唯一残った少年T
少年T
やっと、3年生になれる……!!!
空は真っ青に晴れていた…………


少し奥から真っ黒な雲が来ているとは気づかなかった
あなた

おめでとう、少年T
これ、あなたの密告書

自分の罪は隠し切ったのに……


その内容は、過去に起こった一家の無理心中の報告書だった


あれは無理心中ではなく父親を殺した少年Tがそれを紛らわせるために行なった行為であった


更にはほかから誘拐してきた子供をそこの家の子供にし、殺した


遺体は焼け焦げていてDNA鑑定ができず、バレなかったのであった
少年T
はは……はははっ
枯れた笑いと共に雫が落ちた


それは少年Tの悔し涙だった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

香水
香水
ボカロシリーズ 美術館シリーズ やっほー不良くん改めて香水です