プリ小説

第33話

新しいシリーズ作品について
こんにちは!不良くんです!


ボカロ曲シリーズの依頼はまだまだ募集してます!


今回はタイトル通り


新しいシリーズの発表とそのシリーズの1作目の宣伝です!






















































































































──シリーズ──


はい、新しいシリーズとは……


『本当の自分』シリーズです!


このシリーズには、僕、不良くんが大きく関わっています


履歴書を見ていただければ分かるんですが、僕は性別を載せていません


何名かの方には、ご想像にお任せしますと伝えてあります


なぜ、このような書き方をしてるかといいますと


僕はXジェンダーといい


性別の中間、つまり男でも女でもない存在です


日によって自認する性が変わるので、ここで決めてしまうと


僕自身が苦しくなります


そのため、履歴書には性別は載せてません


こんな感じで


このシリーズの題材は


心の性が合わない


同性が好き


障害を持っている


いじめられている


など、こう言ったものを題材にします


僕がこれを題材にしようとしたのは、学校、社会、家族が大きく関わっています


僕は、女の子として学校では生活しています


カウンセラーの先生にも相談したこともあります


男の子の日だったり女の子の日だったりする僕は


着替える場所やトイレにものすごく困ります


学校に多目的トイレはありますが、そこは怪我をした人のみ使えるので僕は使えません


学校でトイレに行きづらくなりました


着替えは保健室でさせてもらってます


そこは大丈夫です


次に社会です


男は男、女は女


そんな感じの社会なので、僕が男の子の格好をして女子トイレに入ると


変な目で見られます


それが嫌です


それに性別記入欄も男、女しかありません


とてもつけづらいです


社会の偏見を無くすため


僕らみたいな人がいることを知ってもらうために


僕はこのシリーズを書きます


偏見がきても差別がきてもかまいません


でも、僕は書きます


学校側にも拒否されました


人権の作文コンクールにすら、出させて貰えませんでした


それが悔しいです


僕は読んでくださってる方が少しでも理解してくれるように書きます


それでは、


追加:コメント欄も見てください

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

香水
香水
ボカロシリーズ 美術館シリーズ やっほー不良くん改めて香水です