プリ小説

第8話

密告書:8枚目
1人、2人とどんどん生徒が消えていく教室…

まだ一学期の前半も終わってないのに2人も消えた

クラスメイトはこの教室の本当の怖さを知った…

自分が消えることではなくそれまで仲の良かった友達が犯罪者だと分かってしまう恐怖

しかも40名も犯罪者が集まっていた

いつ自分の罪がバレるか…

それは罪の重さによって時間が経過していくことによって判明していく

クラスメイト全員が恐怖に抗えないまままた1日が終わった…
-その夜-

ごそごそと夜の闇に何がが動いている

??
これで5人目
何のことか…5人目とは…

なにかが月明かりの下表道りに出てきた

血に染まった…

































少年Aの姿だった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

香水
香水
ボカロシリーズ 美術館シリーズ やっほー不良くん改めて香水です