無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

無口なライオン 2
287
2017/10/09 04:17
ある日の放課後
みなみ
未央奈!待って~
未央奈
みなみ早く~
優里
未央奈は足が早すぎるよ…
立ち入り禁止の看板。
その向こうに七瀬が居た。
何やら、大きな木を持ち上げようとしているみたいだ。佑美は立ち止まり、その様子を見ていた。
玲香
佑美~!ほら早く!みんな行っちゃうよ
佑美
あ、ごめんごめん!今行く!
佑美は、立ち入り禁止の看板を超えて、七瀬の元へ行った。
七瀬
はぁ…ひとりじゃ無理に決まってるよね…
そう思った時、ふと、大きな木が軽くなったような気がした。
佑美
七瀬、何やってるの??
七瀬
ゆ、佑美?
佑美は、七瀬に笑いかけた。
七瀬は、昔のことを思い出したのであった。