無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

記憶が。
なんだったんだろう。
あの映像。いや、なんだか記憶に近い。

両手には刀が。
返り血に染まる自分の姿が見える...
坂田銀時
坂田銀時
大丈夫なのか??
辛そうなところ申し訳ないんだが、お前、誰なんだ?なぜ俺たちの名前を知ってるのか??
あなた

はいぃぃぃぃ←
えっと、通りすがりのあなたちゃんです笑
東京都ty...あれ??

ちょっとまって、私、どこに住んでるんだっけ?
さっき、なんて言ったっけ...
あなた

...

沖田総悟
沖田総悟
もしかして...思い出せないんですかぃ?
ここは江戸...。
昔からここに住んでいる?なんだかしっくりこない。
でも、それ以上のことは思い出せない...
なんでだろう??

でも、銀ちゃんと沖田くんのことは覚えてるんだけどなー笑
坂田銀時
坂田銀時
じ、じゃぁなんで俺たちのこと知ってんだ??
あなた

銀魂全話読破してるので←
部屋は銀魂グッズで埋め尽くされてるから☆

沖田総悟
沖田総悟
???銀魂ってなんですかぃ?
あなた

銀魂ってゆうのはねー!!
??銀魂ってゆうのは...
...え、思い出せない。凄く大切なものだった気がする...

キィィィィィィィン
あ、また頭痛が...

これは、なに??

あ、
たか...す...ぎ...。
あなた

。。。(lll __ __)バタッ

坂田銀時
坂田銀時
おいぃぃぃぃ!?また倒れたぞ!?
沖田総悟
沖田総悟
はぁ。旦那さっさと万事屋に運んでくだせぇ
坂田銀時
坂田銀時
え!?そこは税金泥棒の家に運ぶべきだろ笑
あ...銀ちゃんと沖田くんの声がする...

これは...記憶??
横にいるのは...高杉??
どういうこと??

なんだかしっくりこない。