無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第17話

刀を見つけた。
あなた

はぁ... はぁ.....

やっと...真選組に着いた...
どこ...
刀は…どこ...
声が、聞こえる?
私を、呼んでいる?

...こっちだ。
土方十四郎
土方十四郎
おいっ、息が上がっているぞ?
何をそんなに急いでいるんだ?
あなた

えっと、あーもう!!
説明してる暇ないので気にしないでくださーい

土方さんの横を走り去りながら叫んだ。
土方十四郎
土方十四郎
え、あ、ちょ、
土方さんが何か言ってるけど、本当に時間が無い。
ごめんなさい、土方さん!

それでも声のする方向へ走り続けるあなた。
あった、これだ。
私の刀。

何故だろう、こんなに厳重に保管されている。
大きな箱の中のガラスのショーケースに刀が映って見える。
でも、それはダミーで箱のそこの板をはぐると本物の刀が鎖のようなものに繋がれている。

刀の声が聞こえるあなたには、ダミーなんてすぐにわかった。

刀を掴んだ、


...キイーーーン

まただ。記憶の断片が...ってあれ?
今まで見てきた記憶とは違った景色が頭の中に流れる。

こ...れは?
私の今いる世界じゃない。いや、ここが私のいるべき世界じゃない。

一瞬にしてあなたはすべてを悟った。

ここは銀魂の世界だ。私は何故かわからないけど、この世界にトリップした。
だから、初対面のはずなのにみんなのことがわかったんだ。


再び走り始める、港へ。




真実を知らなきゃ。なぜ彼は私をこの世界に呼んだんだ?























...高杉は。