無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

そろそろおやすみ(´-ωก`)
シルクロード
ただいまー!
ってホテルだったな(笑)
俺はわざとおちゃらけた感じであなたに話しかけた

じゃないと、気まずい
あなた

そうだね(笑)

っていうか俺汗臭くない!?
汗でびっちょびちょだ
なにかあなたに失礼な気がする
シルクロード
俺の汗すごいからシャワー入ってきていいか?
あなた

あぁ!そうだね(笑)
びちょびちょ(笑)
行ってらっしゃい´ω`*

シルクロード
うい!
可愛いな
ガラッ!
俺はシャワールームに入り、シャワーを浴びた
ふぅ…
気持ちいい。
落ち着けた気がする
シルクロード
あなたー?ドア開けていいか?
あなた

もちろん!

ガチャ
あなた

…お水いる?

シルクロード
おう!ありがとう!
あなたは俺の答えを聞いて、キンキンに冷えた水を持ってきてくれた

この行動はマネージャーだからなのだろうか。
そうじゃなくあってほしい
あなた

っていうか、私もシャワー入ってきていいかな?
私も少しだけど汗かいてるんだよね(笑)

シルクロード
おっそうだな!
いってらっしゃーい!
あなた

はーい!

あなたはシャワールームに入っていった
シルクロード
ふー
これからの予定は…
・Fischer'sメンバーとあなたとバイキング
・温泉
・寝る
シルクロード
…///
やべぇ…
くそ恥ずい…
一緒に寝るとか恥ずい…
まぁ仕方ないか
じゃあ温泉の為に寝間着とかの準備しなきゃな
20分後…
よし準備終わった!














っていうかあなた遅くないか?
シルクロード
あなたーー?
あなた

シルクロード
おーい!
あなた

大丈夫か???
のぼせて倒れてたりしないか!?
シルクロード
入るぞ!
そういい俺はドアを開けた
するとあなた鏡に向かってドライヤーで髪を乾かしていた
あなた

えっ!シルクどうしたの!?

シルクロード
あっごめん!
まじかよ…
このホテルまさかの防音?
くそ恥ずかしいじゃんんん!
あなた

何かあった?

シルクロード
いや💦‬のぼせて倒れてたりしねえかなぁって思って‪‪💦‬
あなた

心配してくれたの…!
…ありがとう✨

シルクロード
おっおう!
バタン!
俺はシャワールームを出た
その後、俺らはモトキ・マサイ・ンダホとバイキングに行き、温泉に入ってきた



















あとは寝るだけだ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

カステラ
カステラ
🐢投稿 完全自己満 コメントを下さったりいいねを下さると作者が泣いて喜びます☜ ちらっとでもいいので覗いて見てください!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る