無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

ダーマのイタズラ
モトキ
イルカの門の前で誓のキス…!?
Σ(  Д )ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙
あなた

あっ見て!ここ!

あるものを見つけた私はそこを指さした
なんと、スタンプラリーの台紙に「カップル用」と書いてあったのだ
モトキ
マジかよ…
なぜこんなことになったのかと言うと原因はダーマにあった
















数十分前…(シルク視点)
ダーマ
おい!シルク!
シルクロード
なんだよ…
はぁ。ダーマとか。
別にダーマが嫌なわけではない
あなたとまわりたかったな
そんな思いがほんの少しだけあるだけだ
ダーマ
なに怒ってんだよ
シルクロード
怒ってねーよ
ダーマ
ならいいけど
あなたの案で皆で一斉にスタートするべくスタンプラリーの台紙をもった状態で始めることにして、そのスタンプラリーの台紙をジャンケンでまけた俺らが持ってくることになったんだが…
ダーマ
ねぇシルク?
シルクロード
何?
ダーマ
あなたのモトキのスタンプラリーの台紙これにしてやんねぇか?笑笑
ダーマが持ってきたスタンプラリーの台紙は2枚は普通の用紙だったがもう1枚は…
シルクロード
カップル用!?
ダーマ
俺らパシリにしたんだからそれぐらいは覚悟してるだろ笑笑
シルクロード
いやダメだろ!
その台紙をよく見ると、、、
完全にデートじゃん!
俺が羨ましくなるだけだろ!











いや待てよ?もしこれに気がついたあなたが拒否したらもしかしたらミライのライバルが消えるんじゃねえか?
シルクロード
まーいーかもな
モトキを潰しに行くのは少し気が引けるが…と思いながら俺はそう言った
ダーマ
よしそーしよう!

























モトキ
だからかー!
なんで他のメンバーとルート違うのか不思議に思ったんだよなー!
あなた

あっ!

すごい推理力笑笑
ってそんなこと言ってる場合じゃない!
あなた

どうする?

モトキ
……かないでしょ
???
モトキ
rしかないでしょ
あなた

…?

モトキ
するしかないでしょこの際