無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

出会い‐2
3
2017/12/03 12:33
ふわぁぁああぁぁ

声が聞こえるなぁ。

煩くておきちゃったよ。

俺の安眠妨害したの誰だし。

俺、不眠症だから、あんまり、寝れないのに、クソが…
あなた

だれー?君はー?

壱吾
すいません!すいません!
ほんっとうに、申し訳ありませんでした!!!!!!!
声でかいんだよ。

つか、質問に答えろし。

あ、キャラが違うって?

本当のキャラがこっちなの。

あっちは、外向けだからね。
あなた

だからぁー、君はだれー?

壱吾
あぁ!名乗り遅れました!木ノ下壱吾と言います!
新入生です!!
だから、声が大きいんだろって…

ちっせぇ声でしゃべれねぇのかよ…
あなた

ちょっと声おおきいよー?僕も新入生だから気を遣わなくていいよ!敬語やめてー?

壱吾
いえいえそんなっ!敬語をやめるなんて恐ろしいっ!
あっ、あと踏んづけてしまって申し訳ありませんでした!!!!
は?

だから、声でかいんだよ

つか、恐ろしいってw

てか、壱吾くん俺を踏んづけたの?

なかなかゆうきあるねぇー。
あなた

声小さくしよー?踏んづけちゃったんだぁ!ごめんねぇ…僕がここに、寝てたばかりに…
逆に僕が申し訳ない…ごめんね((ノд`)ウルウル

このキャラ誰だよまじでw

きもいわw自分の演技力マジ神w

涙目+上目遣いの効果やばいわー