無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog
耳に纒わり付くような笑い声が、 

暑さが、


胸焼けする程に愛しくて...

そして、胸が、ずんと重くなるんだ。