無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

新学期。
祭りの後は何だかんだお互い忙しくて会わなくて済んだ。

ちょっと寂しいけど…

今日から新学期が始まる。

思い出したけど、私とマホト隣の席じゃん。

授業、集中できるかな?

受験生なのに…

教室に入ると…
マホト
マホト
おはよー!あなたー!
久しぶり元気にしてた?
あなた

うん!!!またよろしくね!

あなた

そういえば好きな人とどうなった?笑

また、心がズキズキする。

抑えなきゃ…
マホト
マホト
え?///
あなた

なにその反応なんかあったのー?笑笑

なんかあったらどうしよう。やだ。
マホト
マホト
じ、実はさ…全然あってないんだよね…
マホト
マホト
いやでも今日会ったし!俺元気百倍になったわ笑笑
あなた

へー笑笑

マホトは、とびっきりの笑顔でそう言った…

本当に好きなんだな…

いいなぁ。こんなに思われてて。

私だったらいいのに。