無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

お昼。
お昼の時間。

学校にきての1番の楽しみ。

それは…


マホト
マホト
お昼ダァァァァァ!!!
マホト
マホト
あなた!サグワ!ジン!急げ!
日替わりパンなくなる!
あなた

ばぁいてぇぇぇん!

サグワ
サグワ
よっしゃ!6個ゲットしたぞ!
あなた

サグワァァァ!いけぇぇぇ!

カワグチジン
カワグチジン
いけいけ!
ちん。
屋上なう。
私の学校。私立なので、給食がないのです。

あるとこもあるんだろうけど。

なので、お昼は命がけで売店いきます。


あなた

サグワありがとー!

サグワ
サグワ
う、うん!
サグワ
サグワ
///
マホト
マホト
いっただっきまぁーす!
カワグチジン
カワグチジン
いただきぃ!
あなた

まぁす!

おいしい。
命をかけた後のパンは物凄くおいしい。
あなた

てかさ…私…好きな人できたんだよね…

マホト
マホト
ま、まじ?だれだよ?
サグワ
サグワ
だれだれぇぇ?
カワグチジン
カワグチジン
きになるな笑笑
あなた

んー。相手は好きな人いるっぽいし残念ながら叶いそうにないけどね笑

マホト
マホト
へー笑笑
マホト
マホト
そーいえば、俺の好きな人も好きな人がいるっていってたな〜
サグワ
サグワ
俺も好きな人…いるよ…?
あなた

ねぇ!ジンくんは?

カワグチジン
カワグチジン
…え?あ、俺…?
カワグチジン
カワグチジン
おれも好きな人…いるよ…