無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

言葉と行動。
私達は急いで校門に向かった。

着くと…
他校の人
やあ!あなたちゃん!ずっと待ってたよ
あなた

だ、誰ですか?

まじで誰だよこの人。
他校の人
俺?そこの高校の有名人だけど。
知らない?
あなた

知らないです。

他校の人
まあそんなことはどうでもよくて。
俺と付き合わない?
あなた

なんでですか?

他校の人
俺さーこの前の祭りの時、君と目があって一目惚れしちゃったんだよね〜。
他校の人
だ〜か〜ら。付き合お?
あなた

いやです。

他校の人
なんでよ!
あなた

私、好きな人いるので。

他校の人
その人と付き合ってるわけ?
あなた

いえ

他校の人
じゃあいいじゃーん!
パシッ


手を掴まれた。
他校の人
ねぇ付き合…
マホト
マホト
おいてめぇ!さっきからきいてればよぉ!勝手なことばっかいいやがって!
俺の女にさわんじゃねぇよ!
他校の人
はぁ?
なに言ってんの君。別に君と付き合ってるわけじゃないんでしょ?
マホト
マホト
理解できないのか?
お、れ、の、お、ん、な
って言ってんのわかんない?
他校の人
でも別に付き合ってないじゃん。
マホト
マホト
好きだからって付き合ってるとは限んないだろ?
付き合ってなくても俺たちは両想いなんだよ。
いまは事情があって付き合えないけど、俺たちはこれからもずっと一緒にいようって約束してんだよ!
マホト
マホト
男に二言はねぇ。
約束は絶対だ。
マホト
マホト
だからお前は失せろ。
他校の人
はぁぁぁぁぁぁ?!
君めっちゃうぜぇぇぇぇ!
なぁにが約束だよ!あなたの気持ちが変わったら終わりじゃねぇか!
マホト
マホト
あぁ、確かにな。
でも今は絶対なんだよ。
先のことなんかわかんないだろ。
今俺たちは両想い。
ここで見せてやろうか?
他校の人
あぁ!見せてみろよ!
本当にあなたちゃんは君のことがすきなのかねぇ!!!
マホト
マホト
あなたごめん。フリだから。
マホトの声が耳元で聞こえる。
あなた

だだだいじょうぶ。

こうしてマホトと私はキス(フリ)をした。

今までにないくらいマホトを近くに感じた。

さっきのことば。

本当だったらいいのに。

さっきの言葉はここを切り抜けるための策。

マホトの本心じゃない。
マホト
マホト
みた?笑これが俺たちの気持ちだ。
マホト
マホト
さぁどうする?笑
他校の人
く、くそ!
覚えてろ!!!
カワグチジン
カワグチジン
大丈夫?!
サグワ
サグワ
ケガ、ない?
マホト
マホト
あなた。大丈夫?
あなた

大丈夫だよ!
みんなのおかげ!!!
ありがと

カワグチジン
カワグチジン
さーてと。俺たちは帰りますかー。
サグワ
サグワ
そーだなー。
ジンくんとサグワはそそくさと帰ってしまった。

マホトと私は2人きりに…
マホト
マホト
あなた。さっきは勝手なこと言ってごめん。怪我、ない?
あなた

ないよ!さっきはありがとう!
嬉しかったよ!

私が今言った うれしかった は守ってくれたのが嬉しかった?

それとも、マホトの言葉が嬉しかった?

自分にもわからない。

あなた

帰ろ!

マホト
マホト
そうだな!
私達はいつも通り一緒に帰った。