無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

いつも通り。マホトside
いつも通りの朝。

はやくあなたに会いたい一心で家を出る。

マホト
マホト
おはよ!
と声をかけると、あなたはいつも返してくれる。
あなた

おはよ!

こんな些細なことでも嬉しいんだ。

どんだけあなたの事好きなんだよ(>_>)
いつも通り適当な話をする。

今日告白しようかな。
なんてバカなんだ…

いきなり言われたらびっくりして避けられてしまうかもしれない。

それでもあなたや俺がいついなくなるのかわからないからな…

今日伝えよう。
マホト
マホト
今日の放課後、教室で待ってて!
あなた

うん!わかった!

やばい緊張する…
放課後
マホト
マホト
遅くなってごめん!
あなた

大丈夫だよ!

マホト
マホト
俺、ずっと前からあなたのこと…
ガラガラッ!!!
マホト
マホト
!!!