プリ小説
一覧へ

第3話

3 違う
本当に少しの小さいことでも幸せになれるから恋はたのしいってよく言うけど、私はそうは思わない

確かにラインがくることは嬉しいし、おはようだけで笑顔になれるし、頑張ろうって思えるけど、絶対に振り向いてもらえない相手に期待したって後で落ちるだけだ。

って言っても、今もラインを続けているから私はばかなんだろう
あなた

えー自分犬のほーがすきなんじゃけど

蓮
猫の方が可愛いに決まっとる!!笑
あなた

あー気が合わんわー笑

蓮
あのさ、急に関係ないことゆうけどさいい?
あなた

え、なにこわいいいよ

蓮
まじで、ゆうよ?
ドキドキした

もしかしたら…って
蓮
あなたさ、俺のこと好きじゃろ?
あなた

え!ちがうちがう!友達としては好きだけど〜笑

蓮
そっかー勘違いか俺なんかめっちゃはずいね笑
あぁぁぁどうしよう

話せなくなったりするのかな
あなた

うける先輩やめてや笑

蓮
ごめんごめん笑
あーはっず
よかった普通だ。

話しにくいけん、寝たふりしようかな
あなた

ちょい今日はねんといけんわ!寝るね!

蓮
おう!なら俺も寝るわ笑
おやすみ!また明日な
ほんと、心臓にわるいなぁ。
息が止まりかけたー

でも、また明日があるのって、幸せかも

恋が楽しい理由ちょっとわかっちゃったかも

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

凜
見たら笑顔になる☺︎をもっとーにがんばります!!