無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私の自転車
友達)じゃあ、帰るね…先輩!さようなら!

シゲ)おう!じゃあな!

こうして友達とはバイバイした

さつき)あの…家ってどちらですか?
近くまで、行きますよ!

シゲ)ん…じゃあ代わって!

さつき)へっ…?

シゲ)だから俺と代わって?はやく!!

さつき)…分かりました…

シゲ)なぁ?さつきって呼んでええか?
俺のことはシゲって呼んでな?

さつき)呼んでもいいんですか?逆に?

シゲ)ええって!俺もさつきって呼びたいからさ!

さつき)あの…私家こっちじゃないんですけど…

シゲ)あっ、俺の家に来て!

さつき)えっ?でも私ちょっと…

シゲ)来て?今日誰もおらんからさ
よかったら泊まらへん?

さつき)へっ…泊まるって?

シゲ)頼む!寂しいんや…

さつき)でも…急に…ちょっと親に連絡してからでもいいですか?

シゲ)おう!よろしく頼むな!