無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

報告
次の日の朝
学校がある日
親からのオッケーが出たことをまだ言っていない

すると、先輩からのLINEが来ていた

重岡大毅
おーい!さつきって今どこにおる?ちょっと聞きたいことがあるんやけども
ついこの間の事だと私は思った
この時、1週間は過ぎていた
さつき
あっ、すみません!どこにいますか?
重岡大毅
自転車の駐輪場
さつき
今行きます!
シゲ)なぁ?この間の話なんやけども、親どう言ってた?オッケー貰えたん?
さつき)あっ、はい!!ちゃんと貰えましたよ!
シゲ)ならはよ帰ろ!
さつき)あっ、はい!!
友達)あっ、さつき!一緒に帰ろう!ってまた先輩も一緒?
友達)ねぇさつき?先輩とはどうなの?付き合ってるの?
さつき)はぁ!そんな訳ないでしょ?
友達)だって!!いつも一緒に帰ろうとしてんじゃん!
さつき)まぁそうだけとも、付き合ってはいないからね!!
シゲ)おい!帰ろうぜー!
さつき)あっ、はい!!じゃあねー!
友達)うん…じゃあね!


先輩の家に着いた
さつき)お邪魔します!
シゲ)じゃあこっちに荷物とかは置いてな?
さつき)あっ、はい!!
先輩はソファに腰掛けた
シゲ)なぁちょっといいか?
さつき)はい?どうかしたんですか?
シゲ)さつきってなんで俺のこと学校で先輩って呼んでるん?
さつき)えっ?学校では先輩じゃないですか!?
シゲ)俺のことシゲって呼んでほしいんやけども…
さつき)でも、私達付き合ってもいないし、私だってブサイクだしww
シゲ)はぁ?ちょっといいか?俺が言いたいことはなんでシゲって呼ばないのか?って聞いとんねん
私はシゲって呼びたいけども学校では言いにくいじゃん…
さつき)シゲ…
シゲ)へ?今俺のことシゲって言った?
さつき)いや言ってない
シゲ)今のは空耳かな?…
さつき)嘘言いました
シゲ)ちゃんと言えるんやん?なら俺の彼女の権利あるな?
さつき)へっ?今なんて言いました?