無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

誘拐された先
1,949
2017/10/09 16:17
車のエンジン音が止まった。
それと同時に体が浮いた。
私は危険を察し、抵抗したがやはり無駄で。
なすがままへと床に下ろされ、真っ暗だった視界も明るくなり、塞がれていた口も動いた。
あなた

…ちょっとオジサン、此処どこ?

おじさん
オジサンは酷いなぁ〜。
あなた

オッサンさ、若い子連れて冥土の土産か?

おじさん
…今、なんて言った?
挑発し過ぎた。
するとおじさん手が振り上がって…
バンッ
あなた

…はっ、いったぁ

おじさん
てめぇよ、さっきからうるせぇんだよ。
怖かった。ただひたすらに怖かった。
あなたの地獄が始またのであった。