無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

授業
585
2017/10/10 01:19
高校三年生の梅雨。
5時間目は社会だった。
全く頭に入ってこなかったけど。
私の頭の中のノートも真っ白。


そう思っていると

『ポツ、ポツ』
と透明な雨。


最悪だ、傘持ってきてない...
私はそんな事を考えながら窓を眺めていた。

5時間目が終わり、やっと帰れると思ったけど、まだ雨は降っていて。

私の鼻にはかすかに雨の匂いが残っている。

早く帰れると思ったのに、と思いながらみんなが帰っていくのをただただ見ていた。