無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

マサイ編 2
448
2017/10/12 09:22
授業が終わっても振り続ける雨。

あー、帰れねぇじゃん。
仕方ない、雨が止むまで待っとくか。


俺は荷物を持って玄関へ行った____

すると、そこには俺の好きな人がいた。

話しかけようかな...いや、話すんだ!

頑張れ、俺。


「よっ!あなた!もしかして、傘、持って来てないとか?」

「あ、マサイ。うん、その通り笑笑」

「一緒だよ。いやーちゃんと天気予報見とくべきだったよ。」

ほんと、俺ってあなたの事好きなんだな...そう思うと顔が赤くなる。