無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

カルテちゃんとてるてるちゃん
カルテ
マスター・・・いえ、愛香様達は、御都合により
午後からの出勤と、なっています。
起きてすぐに幾つか質問を頼まれたので、さっそく
やっていきますね?
てるてる
あ、ハイ。
カルテ
では、まず始めに。
今の気分はいかがですか?
てるてる
普通かな?
良くも悪くもない
カルテ
ロボットのワタシには分かりませんが、
体調は普通。では、次ですね
何かのメモ用紙を見ながら、病院に行ったとき
みたいなカルテを使って書いている
カルテ
本日の朝食、及び夕食は何がいいですか?
昼食は、ファーストフードを買ってくるとのことなので。
てるてる
朝はトースト。
夜は・・・
カルテ
夜まで時間はたっぷりありますので。
最後の質問です。
バイタルチェックなどをするのかと思えば
違っていた。
なんだかカウンセラーを受けているみたい。
カルテ
何か思い出したことは?
てるてる
思い出…した事?
カルテ
てるてる様は、疑問に思われたはずです。
ワタシのマスター方が四つ子だと
言うことをワタシも含め、誰も一言も言ってません
確かに。
なぜ、四つ子だと思ったんだろう?
カルテ
時間はまだあります。朝食の準備をしてきます
ので、それまでに着替えておいてください
そう言い残すと、部屋から出ていった
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おまけスタート🌠
きゆ(*´∀`)
(o_ _)o.。oOOグゥグゥ・。・。・。zzzZZZ
カルテ
(-.-)ノ・・・・>>>ーー卍 シュッ卍 卍
(きゆに向かって)
きゆ(*´∀`)
(・・?)(目が覚めた)
カルテ
(`´)チッ
当たんなかった
阿呆きゆを起こしてカルテちゃんの1日は
始まります。